​にほんまつ菊手水とは

はじまり

2020年コロナ禍の真っ只中、様々なイベントが、中止・延期となり、60年以上の歴史を誇る「二本松の菊人形」も例外なく初の開催見送りとなってしまいました。

そんな中、二本松市地域おこし協力隊はこんな中にあっても何か自分達に出来ることはないだろうか・・・。との思いで行ったのが 、寺社の手水(ちょうず)に花を浮かべる”花手水でした。同じくして、二本松商工会議所女性会でも思い思いの器に花をうかべる”花いかだ”を用意し訪れる皆様を御もてなしする活動を展開しておりました。それらが、2021年からは女性会主催・地域おこし協力隊プロデュースで「にほんまつ菊手水」として新たなるスタートをきったのです。

HP用菊手水写真-7305915_edited.jpg

想い

私たちの想いは「愛する二本松」の繁栄。多くの皆様に訪れて頂き、「行ってみたいまち・二本松」になることです。

これから

”地域おこし協力隊”による新たなる発想と、

二本松を愛し発展を願う私達、二本松商工会議所女性会の想いは予想以上の結果を生み出すことができました。

協力隊で展開した寺社仏閣は翌年には倍以上となり、女性会も展開を二本松に留まらず、昨年はJR郡山・福島さらに今年は、東北の玄関・JR上野駅までの広がりをみることとなりました。